TOP > 在宅療養相談窓口 > 未分類 > 2016 8月

8月, 2016年

7月の在宅療養相談窓口活動

2016-08-01

梅雨も明け、いよいよ夏本番です。皆さん、暑さに負けずにご活躍のことでしょう!

忙しい中、ブログを配信して下さっているステーションの方々、拝見しております。suku♡sukuの小児のデータベースをサイトアップして頂き感謝です。ぜひ、活用させて頂きたいと思います。小児に興味のあるステーションは、勉強会の方にも足を運んで頂けると、いいですね♡

うらら訪問看護ステーションでは毎週勉強会しているんですね、素晴らしいです。ステーション内の勉強会は、準備している人が一番勉強しているものです。訪問看護ステーション凛の実習生受け入れも、スキルアップにつながっていくはずですので、受け入れられるといいですね。博栄会訪問看護ステーションのスタッフの増員、うれしい限りです。このような、ステーションの取り組みや活動が見えると、自信を持って窓口からも紹介できます。ぜひ、情報活用していきましょう!

窓口はというと、高齢者あんしんセンター(地域包括支援センター)や、ケアマネジャーからの相談もちらほらでてきました。高齢の家族がHPNを管理し在宅で看取ってあげたい。という希望を叶えてあげられるのか、退院相談のアウトリーチ(出動)がありました。初めは、「元気になって…」と話していましたが、最終的には「長くないなら、執念で建てた家で看取ってあげたい」と本当の覚悟が見えました。現実は、そう容易い訳ではありません。やはり、「覚悟」が必要なんです。

また、大学病院からは、ギリギリまで通院治療を希望する療養者の診療所の紹介が続きました。通院治療しながらでも、訪問看護が必要な方が大勢いるのだと実感しています。大学病院でも課題だと意識して下さっているようですので、窓口でも一緒に考えていければ、もっと地域資源の早期導入が見込めます。

ケアマネジャーから、どんな相談ができるのかわからないという声も多く聞かれるので、9/3(土)19:00から修会を企画中です。

在宅療養相談窓口 長川

Copyright(c) 2018 北区訪問看護ステーション連絡協議会 All Rights Reserved.