TOP > 在宅療養相談窓口 > 未分類 > 2017 10月

10月, 2017年

北区の医療機関情報

2017-10-31

秋も深まり、木々の葉っぱが色づき始めているようですが、秋の空は変わりやすく、台風が通り過ぎたと思うと、木枯らしが吹いたりと変化が激しく季節をゆったり感じる時間がないような日々です。

10月は、窓口ニュースVol8を発行しました。今回は、27年度から今年度9月までの窓口への相談の内容や傾向、と地域を支えている北区の医療機関の情報を掲載してみました。北区内には、急性期の医療機関の数は少ないのですが、回復期病床や包括ケア病床、緩和ケア病床といった、療養病床を備えた医療機関が多い地域といえます。地域的にも、近隣には地域がん診療連携拠点病院等が通院可能なこともあり、外来化学療法をされている方も多いと思います。

窓口ニュース8

相談の内容は、在宅療養に関する地域の資源情報ばかりではなく、療養者自身が若いとか、認知症の独居療養者、介護者が精神疾を持っていることで在宅介護の継続が難しいなど、どのケースも通常のサービスだけでは療養体制が整えられないような、いわゆる困難ケースが課題となっていることを肌で感じています。

近隣の医療機関からの相談を頂けることは、とても嬉しいことです。在宅療養できるかどうかの判断を、主治医だけに任せていませんか?病棟の担当ナースでも、リンクナースでも構いません。お気軽にご相談ください。

北区在宅療養相談窓口 長川

 

訪問歯科診療について

2017-10-02

「暑さ寒さも彼岸まで」という通り、一雨ごとに秋を感じる季節になってきました。通院する療養者の方にとっては、寒さに向かう季節は体調を崩しやすくなる時期でもあるように思います。

がん治療も、入院治療から外来通院による治療が多くなっているようです。ご高齢であると、送迎などで家族にも負担がかかってきます。そんな時、治療を在宅で継続できないのかなと思います。

今回ご相談を頂いた中で、歯肉がんの方が口腔外科に週1回通院し口腔ケアを行うのが大変になり、訪問して頂ける歯科医を紹介して欲しいということでした。北区障害者口腔保健センターのある、滝野川歯科医師会をご紹介させて頂きました。

北区では、地域により歯科医師会が分かれていてそれぞれ、状態に適した歯科を紹介して頂けるシステムになっています。それぞれの歯科医師会のHPで検索できますので、ぜひご活用下さることを期待します。歯科の先生方も、訪問診療にとても関心を持たれ、摂食の研修会などを開催して下さっています。

東京都滝野川歯科医師会 http://www.takishi.jp/about.html

東京都北歯科医師会 http://www.kitashi.jp/

北区在宅療養相談窓口 長川

Copyright(c) 2018 北区訪問看護ステーション連絡協議会 All Rights Reserved.