TOP > 在宅療養相談窓口 > 未分類 > 2018 6月

6月, 2018年

もうすぐ梅雨入り・・・

2018-06-02

十条台ふれあい館のところに咲いている紫陽花です。紫陽花の色がきれいに色づいてきています。

5月は、ケアマネジャーの方から自宅療養が困難になり、主治医からも入所を進められるほど認知症の介護が困難になっているケースの相談がありました。家族は、できるだけ自宅で介護していきたい意向があるので、小規模多機能型居宅はどうだろうか?と相談されました。私自身、どのような体制で行われているのか明確ではなかったこともあり、北区内の施設を直接伺って施設長さんにお話を伺って来ました。窓口ニュースVol 10

その他、がん末期で医療機関の退院調整看護師さんからの相談で、緩和ケア病棟から一時的にでも在宅療養を希望したいケースのそうだんがあり、地域の訪問看護や訪問診療、居宅ケアマネジャーのコーディネートをし、退院前カンファレンスまで開催し退院日の日程まで決まっている中で、急変し残念ながら退院できずに病院看取りとなったケースがありました。急変してしまうのも、想定内ではありますが退院しない限り、退院前カンファレンスは算定上評価されないという仕組みが残念でなりません。おそらく、同様のことがこれから増えていくのではと考えられます。

北区在宅療養相談窓口 長川

 

Copyright(c) 2018 北区訪問看護ステーション連絡協議会 All Rights Reserved.