TOP > 在宅療養相談窓口 > 未分類 > 2018 8月

8月, 2018年

障害と介護保険に関わる療養者の支援について

2018-08-31

残暑厳しい毎日です。台風やゲリラ豪雨の被害が多く、8月に幾つもの台風が発生するのは24年ぶりとのことです。9月は災害対策の時期でもありますから、気を引き締めなければと思うところです。

今月は、難しいテーマの問題についてご報告したいと思います。愛の手帳(東京都で発行する手帳で、知的障害のある方で、障害の程度により1度:最重度、2度:重度、3度:中度、4度:軽度に区分されている)を持っている40代の方が、がん末期で余命幾ばくもない状態。70代の親と二人暮らしで、在宅療養に対し、親が混乱と不安を抱えているというケースの相談を受けました。長年、一人で育児をしてきた自信もあり、サービスの活用や必要性について受容することが難しい状況。訪問診療や訪問看護をコーディネートするにあたり、MSWと相談窓口のCN(認定看護師)とともに退院に向けて支援をしました。癌末期では、介護保険申請により要介護認定されて必要なサービスを利用できるため、①早めの介護保険申請が必要なこと。介護保険を利用していくために②ケアマネジャーが必要。今まで一人で行ってきたことを専門職に委ねていくこと自体が、障害と介護保険の難しさだと思われます。

医療の進歩により、遺伝子疾患や脳性麻痺により障害を持ち生まれてくる小さな命が延命され、終末期を迎える頃には、介護保険利用が可能な年齢となっていることが見受けられるようになりました。育児をしていた親が介護者となり、親自身が介護保険年齢になったり疾患を抱えてしまうこともあります。障害と介護保険が今まで以上に対象者理解や、それぞれの制度理解を深めていかなければならないと実感しています。

北区在宅療養相談窓口担当 長川

 

 

多忙!訪問看護ステーション・・・

2018-08-01

酷暑お見舞い申し上げます。35℃を超える日が続き、平年並みの30℃になっただけでほっとするという異常な暑さが続いています。

4月の同時改訂から4か月が経ち、医療機関との連携に対し評価され、各医療機関での取り組みが行われています。入院時・入院前からスクリーニングされるようになっています。そのためか、今までと異なる連携(入院時の看護サマリーは直接病棟へ送付、病棟に退院調整看護師が配置され、退院調整している等)体制になっています。医療機関のスクリーニングにより、早期退院や問題のあるケースが掘り起こされるようになったのではないでしょうか。特に7月は訪問看護ステーション依頼が多く、飽和状態?になっているのではと感じられました。酷暑の中で、在宅療養を開始するのはかなり危険な状況です。自宅の環境によっては、この時期をどこで過ごした方が良いのか、検討しなければならないと思います。

7月31日に日大板橋病院の「医療と介護の連携意見交換会」が開催され、板橋区・豊島区・練馬区・北区の包括支援センター・居宅ケアマネジャー・看護師・セラピスト等、板橋区、豊島区の在宅療養相談窓口担当の相談員の方々の参加もあり、医療機関を通し連携が図られる機会となりました。地域と医療が身近になっていくことを期待しています。

北区在宅療養相談窓口担当 長川

Copyright(c) 2018 北区訪問看護ステーション連絡協議会 All Rights Reserved.