TOP > 在宅療養相談窓口 > 未分類 > “平成”から“令和”へ

“平成”から“令和”へ

2019-04-01

名主の滝公園に昭和・平成と歴史を感じる桜の木と出会いました。大きな桜の木は、公園の中央にどっしりと根を張り、桜の花を咲かせています。“令和”になっても、きっと素晴らしい桜をさかせてくれるのだと思うと感慨深いものです。

4月、新しい年度となり窓口開設し5年目を迎えました。多くの相談を下さった専門職の方が、満足して下さったかどうか、アンケート評価を頂きました。75%は役に立ったという評価でしたが、約10%は分からないという評価でした。医療機関から相談が最も多く、退院相談や在宅の医療資源情報の相談が占めています。「ネットや本で調べても分からなかったことを教えてもらえた」、「患者本人や家族の個性に寄り添える在宅の方々を紹介してもらえた」、「状況整理ができた」等、相談支援員としての役割を担えたと思えるようなご感想を頂きました。しかし、在宅移行や在宅療養で困っていることは?の問いに対しては、障害者や障害児、土日のサービス、セラピストや医療行為に対応できる介護サービスの資源不足に困っている現状があります。また、在宅輸血も行える診療所や訪問看護ステーション、自費の訪問看護サービスなど地域で求められるニーズが医療面でも多様化してきているように思います。

5年目の今年度は、節目の年でもあります。新元号となって、気持ちも新たに相談窓口の相談支援員として地域の皆さんのお役に立てるよう、研鑽して参ります。今後とも宜しくお願いします。

北区在宅療養相談窓口 長川

Copyright(c) 2018 北区訪問看護ステーション連絡協議会 All Rights Reserved.